「08AM」で検索

あげ
音声

とんぼ。〈あっけ〉とも。

あんつぁ
音声スクリプト

お兄さん。青年。弟。

いれぽこ
音声

ズボン、シャツの物いれ。ポケット。

うるがす
音声

うるかす。水に浸す。

おっつ
音声

おし。〈あっぱ〉とも。

かうー
音声

買う。お店に入るときに、子どもが用いる掛け声。〈かーうー〉とも。

かえづ
使用度音声スクリプト

これ。こいつ。「かえずすっだえ(これがしたい)」

かきむしる。爪を立てる。爪で傷つけられる。

かっちゃ
音声

裏返し。

とかげ。

かます
音声

かきまわす。

一向気にかけないこと。

きもめる
音声

気が揉める。いらいらする。「きもめるたらない」

くね
音声

垣根。生垣。

げっぺ
音声

順番が最後の人。一番うしろ。どんじり。

げら
音声

笑い上戸。

くすぐったい。

こわえ
音声

疲れる。体調不良。疲れて苦しい。

こんにゃ
音声

今夜。

さすかえねえ
音声スクリプト

差し支えない。

さま
音声

障子。

ざっこ
音声

①小魚。②一人前で無い人。

しぇふろ
音声

家に備え付けてあるお風呂(五右衛門風呂などではなく)。

したげ
音声

唾。

したれば
音声スクリプト

そうしたら。

しゃすえ
音声

しばらくぶり。久しい。〈ししゃっすえ〉とも。

しゃね
音声

知らない。「しゃねず(知らない)」「しゃねがず(知らないか)」

しょすえ
音声

はずかしい。

じぇに
音声スクリプト

お金。〈じぇね〉とも。

じゃが
音声

あばた。

玄関。〈じょうぐづ〉とも。

じょんだ
音声

上手だ。

すが
音声

水面に張る氷。「すがはった(氷が張った)」

すこぐる
音声スクリプト

ころぶ。ころがる。転倒する。

すだらがす
音声スクリプト

洗った皿などの水を切る。

ずんつぁ
音声スクリプト

祖父。じいさん。おじいさん。

せずく
音声

催促。

せわすね
音声

忙しい。

せんつ
音声

便所。大便所。〈しぇんつ〉とも。

そだす
音声

傷める。他動詞として用いる。

田んぼがあって米を作っている人はやるかもしれないが、買ってまではしないのでは?(08AM)

たねる
使用度音声スクリプト

探す。

たまげる
使用度音声スクリプト

驚く。

醤油屋。

ちゅうな
音声

巻きを割ったりするときに使う、ナタのような刃物。〈ちゅいな〉とも。

でんび
音声

ひたい。

とのぐず
音声

玄関。

どだえ
音声スクリプト

どのように。

どんづぎ
音声

①建物を建てるときなど土台石(どだいせき)の基礎を固める地固め作業。②胴突き。

ぬだぐる
音声

塗る。

ねっぴ
音声

けち。けちんぼ。〈ねっぴり〉とも。

ばっつ
音声

末っ子。〈ばっつこ〉とも。

ぱった
音声

めんこ。

冷たい。

びっき
音声

蛙。〈べっき〉とも。

ふかす
音声スクリプト

せいろで蒸して(ふかして)作ること。赤飯を〈おふかす〉。

ふっぐれ
音声

拗ねてふくれた人。

へなべら
音声

女の子たち。

へらから
音声

おしゃべり。「へらから言うな(黙っていろ)」

べご
音声

牛。

ぺろっと
使用度音声スクリプト

全部。「あの人、財産ぺろっとなくした」

ほだな
使用度音声スクリプト

そんな。「ほだなごどあっかえ(そんなことあるか)」、「ほだないらね(そんなものいらない)」

ほろぐ
音声

払い落とす。ふるい落とす。

ほんまつ
音声

へそくり。

ぼっこ
音声

履物等の底につく雪。「ぼっこつく(ぼっこが付く)」

ぼんつこ
音声

丸坊主。「ぼんつこにする(丸坊主にする)」

まぐらう
音声スクリプト

食べる。

まつぽえ
音声スクリプト

まぶしい。

まなぐ
音声

目。眼。涙。

まま
使用度音声スクリプト

ごはん。「ままかえ(ご飯を食べなさい)」

見たくない。可愛くない。

むずる
音声

もどる。曲がる「あそこむずて(あそこ曲って)」

むんつん
音声

強情。

もぞ
音声

寝言。

もんだら
音声

縄のタワシ。

かわいそう。〈むずこえ〉とも。

やぎみす
音声

おにぎり。焼きおにぎり。〈やぎめす〉とも。

めちゃくちゃに散らかっている様子。

やっこえ
音声スクリプト

やわらかい。

やばつえ
音声

濡れて嫌だ。湿って気持ちが悪い。冷たい。

やろこ
音声

少年。

やんばえ
音声

良い塩梅。適切、適当だ。

よたこ
音声

不良。与太公。

らいさま
音声

雷さま。かみなりさま。

悪い人。ろくでなし。

わがえしゅ
音声スクリプト

若衆。下男。

んだがも
音声スクリプト

そうかも。

んだず
音声スクリプト

そうですよ。

生まれて1年目にする。家でついたお餅を風呂敷で包み子どもに背負わせる。子どもはお餅の重みで後ろにひっくり返ったり、ふらふらとする。08AMさんのところではまだしている。

七五三
音声スクリプト

千歳飴は昔はなかった(18KTさん)。18KTさんの子どものときにはあった。みんなが神社に行くわけでもなく、着物を着たわけでもなかった。自由だったらしい。(08AMさん)貧富の差もあった、貧しい小作人の家は地主の家に「あんにゃ」となった。

戦後、女性は見下げられていた。(08AM)実家に帰った時は裏口から入らなければならなかった。また、正月泊まりに行ったとき親が送ってきてお土産を持って顔を出していく。(18KT)

成人式
音声スクリプト

立志式はなかった。成人式はあった。内容は今と同じようなもの。山形は市役所で行われていた。女性は着物(振袖)を着ていた。(08AMさん)成人式はなかったし着物は着れなかった。袴。(18KTさん)着物ではなくスーツを着ていた。振袖はめったに見られないもの。今とは違い厳かな式だった。(15TKさん)

厳かな雰囲気。女性は振袖を着た。(08AMさん)もう少し昔はスーツで振袖は滅多に見られなかった。(15TK)18KTさんの時代は行われ無かった

消防団
音声スクリプト

夜回りしたり結婚式を手伝う(08AM)消防は16歳~32歳まで。10年間すると市役所から感謝状をもらう。(08AM)tt

中学校を卒業すると、長男は消防団に入る(08AMさん)。16歳から36歳まで入団し、10年務めると市役所から感謝状が出る。高校に進学する場合は免除されるが、その旨をお願いしなければならない。お願いの際にはお酒を2升持っていく。ただしこういう風習は地域によって違う(18KTさん)。女性は入らない。

若者組
音声スクリプト

若者組とは消防署(18KT)。中学校を卒業するとすぐに長男は消防(自治団)に入らなければならない。高校へ入学した場合は三年間入らなくてもよいが、その際には2升持ってお願いしに行く。(08AM)ただし集落によって風習は異なる(18KT)女性は入らない。(18KT)

貧富の差
音声スクリプト

貧しい小作人の家は地主の家にあんにゃ(兄)となり米などを貰ってきていた。そのくらい地主と小作人には差があった。(08AM)白米の弁当を持っていくと恥ずかしい時代。米がとれる人は白米を食べる。変に思われないよう大根の葉を白米の上に乗せ持って登校していた。(18KT)